2015年01月28日

プチピアス

DSC02874.JPGDSC02885.JPG

主にガラス館向けのプチピアスを制作中ハートたち(複数ハート)
ブルー系をたくさんとのリクエストで、全体的に青っぽい感じぴかぴか(新しい)
この小さなチタンのお皿に、ボンド付けをするのが、なかなか緻密な作業で。。。
二液式の強力エポキシ系のボンドを使っているのだけれども、その主剤と硬化剤の割合が同量じゃないと微妙に固さが出ないことがあるので、慎重に。
今回も、やり直しの列ができてしまったふらふら
同量(同容積)と言っても、使う量が少しなので、つまようじの先に取っての目検討でになってしまう。
ほんとに微妙。。
よく混ぜる必要もあるし、急速硬化してすぐ固まってくるので、ころ合いを見て、小さなお皿につまようじの先っぽで乗せて行く。
あんまり欲張って多くのお皿にボンドを乗せていると、時間がかかってガラスの玉をのせる前に皿の上で硬化しちゃって、接着しなくなるし。
固まる前に、ガラス玉の中央に接着するように、ピンセットを使って一個一個ひっくり返しながら確認しつつ。。。
これだけを接着するのに、何度もボンドを混ぜ合わせることになる。
もう何年もやっているので、だいだいのコツはつかんでいるつもりではあるけど。。
「アラルダイトの急速硬化」は「セメダインのハイスーパークリア3」よりも硬化にはほんの少しだけ余裕があるが、やや透明感にかけ、経年変化で黄変するのが難点。
「セメダインのハイスーパークリア3」は、透明感がよいが、硬化が早いので急げ〜!という感じ。
ゆっくり硬化のタイプは、このピアス接着には不向き。ずれるから。
ガラス屋さん推奨のコニシのウルトラ多用途SUは、透明感は良いけど、初めからセラチン系で糸を引くので、この作業には不向きかな。超即硬化と書いてあるけど、完全硬化するのに、数日かかる気がする。。
ときどき、イベントなどで、同じく出展されている方から、ボンドについて聞かれることがあるので、ちょっと書いてみました。。。
ボンドする時は、電話もピンポンも出られませんわーい(嬉しい顔)
このプチピアスは、これから、五個セットと、ペアに、それぞれ色合わせをする作業が楽しいかわいい

DSC02887.JPG

本日いただき物の、手作りリンゴのマフィンハートたち(複数ハート)

DSC02876.JPGDSC02878.JPG

CHAIはやっぱり長い。。。わーい(嬉しい顔)

←ぽちっとクリックしてね。。。
posted by sunlit at 22:49| イヤリング&ピアス